雑談

家族でするカードゲーム ワードスナイパーで超盛り上がり

家族でするカードゲーム、我が家は

ワードスナイパー

です。

家族で楽しくできるゲームはこちらでも紹介しています。↓↓↓

家族でするゲーム ウミガメのスープ 問題をみんなで考えよう

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

ワードスナイパー お題にそったワードを誰よりも早く言うゲーム

「ワードスナイパー」ルール説明します。

広告です。

画像のようにカードの表にはお題が書いてあります。

このカードの山から一番上を裏返して隣に置きます。

↑上の画像のように配置したら

  • カード表面のお題で(この場合は「物語のタイトル」)
  • 裏面に書いてある頭文字のワードを言う(この場合「は」から始まる物語のタイトル)
  • 早く言った人が頭文字のカードをもらう
  • カードが無くなるまで続ける
  • 最後に持っているカードの点数を合計し一番多い人の勝ち

というルールです。簡単ですね。簡単ですが結構盛り上がります。

注意!ネット検索は無し!面白く無くなります。

広告です。

実際にゲームしてみましょう

では実際にゲームしてみましょう。

上の画像ではお題は

「キッチン用品」

です。

そして、「お」から始まるキッチン用品をメンバーの誰よりも早く言えばいいのです。

例えばこの場合答えは

「おたま」

ですね。

「おたま」と最初に言った人が「お」のカードをもらいます。

こちら「お」のカードの右上に「1」と書いてあります。

カード毎にそれぞれ点数が書いてありこの場合、このカードは1点です。

回答してカードをもらった人は「1点」を得たことになります。

これを繰りして山札が無くなるまで続けます。

最後に自分が手に入れたカードに書いてある得点の合計が高い人が勝ちです。

カードの点数は1点とは限りません。

また、頭文字が一つと限らないこともあります。

このカードの場合は「ざ」「じ」「ず」「ぜ」「ぞ」の中でどれか一つを答えればOKです。

これだけカードを手に入れた場合は1+1+1+5+1で9点になります。

ワードスナイパー 簡単ですよね?

でもこれが盛り上がります。

盛り上がり要素1 答えが見つからない時、みんなで困る

画像のお題は「園芸用品」

頭文字は「へ」

頭文字が「へ」の「園芸用品」?

へ、ですよねぇ。みなさん考えつきますか?

我が家では無理でした。

ちなみにネットで検索したところ「へご支柱」なるものがヒットしました。

でも、一般家庭で出てくる答えではありませんよね。

結果、この問題はさんざん考えた挙句にパス。

このさんざん考える過程もワードスナイパーでは楽しい時間になります。

広告です。

盛り上がり要素2 みんなで答えを考えて大喜利になり珍解答

では、二つの例題で我が家の珍解答をご紹介します。

頭文字「しん」で始まる「ことわざ」です。

  • 死んだらそれまで(まあ、その通りだがことわざとは違う)
  • 死んだらチャラ(子供たちよ、どこで覚えた?それにチャラにならない時もあるぞ)
  • 信ずるものは救われる(これ微妙にことわざではないような・・・)
  • 心機一転(いいけどこれは四字熟語ですね)
  • 芯を食べる(何の?)

結局、答えは出てきませんでした。

頭文字「ざ」「じ」「ず」「ぜ」「ぞ」で始まる「学校で使う物」です。

  • ざじー(芸人さんの名前を適当に言っただけ)
  • ズッキーニ(学校の庭で栽培しているそうだがそれは道具ではない)
  • ぜんせい(先生だよね?それ)
  • ぞうさんの滑り台(幼稚園にはあったかな?でも遊具は道具ではない)

結局、定規(じょうぎ)が出てくるまで少し時間がかかりました。

このようにみんなであーでもないこーでもないいうのもワードスナイパーのおもしろいところです。

広告です。

まとめ ヒマな時家族ですると盛り上がり間違いなし

ワードスナイパー

広告です。

  • ルールは簡単、1つのテーマと頭文字を頼りに誰よりも早く答えを導き出すだけ
  • 頭の体操になります
  • 家族で珍解答を楽しめる

家族団らんで盛り上がること間違いなしです。

  • この記事を書いた人

むにゅひこ

主に釣りと登山をこよなく愛する雑談好きなおじさんです。

-雑談
-, , ,

error: Content is protected !!